自転車ヘルメット

hanasawa

自転車ヘルメット
「自転車ヘルメット」検索で来られる方がけっこういるので、
ヘルメットメーカーへのリンクを貼っておきます。私も次はどんなのにしようか検討中です。

あの変な形には理由がある?

誰でも、最初からスーパーサイヤ人みたいなヘルメットは抵抗ありますよね。
なんであの変な形なのかは実際にかぶって走るとわかるのですが、自転車に乗ってヘルメットって物凄く蒸れるんです。ママチャリのノーヘルと違って、風が全然頭の中を通っていかない。オデコ周囲はヘルメットが密着してるので更に暑い・・・そうなると、穴ぼこが多くて立体的で軽いもの=高いヘルメットの方が頭が蒸れず頭皮に優しい。

もちろんその他にも熱中症の予防とか衝撃吸収とか色々理由はあってあのデザインなのでしょう。工事現場で使うようなツルっとした半円ヘルメットだと、暑くてかぶっていられないと思います。自転車は人力ですからね。

なので男性には、スポーツタイプのスーパーサイヤ人型に挑戦することをオススメします!凹凸や穴が少なめのタイプなら見た目も派手ではないし値段も1万円程度であると思います。ヘルメットをかぶるのはダサくないですよ!高いロードに乗ってノーヘルの方が何倍もダサいです。細いクロモリフレーム等で軽く乗りたい場合は街乗り向けのカジュアルタイプのヘルメットもあります。走る時の快適さは断然スポーツタイプですが、予備に1つ持ってるといいかも。

女性はスピードをそんなに出さないと思うのでスポーツタイプよりもカジュアルタイプがオススメです。
デザイン重視だと値段もそれなりに上がるので最初はOGKのFM-8(8,500円)。小径でポタリング程度ならCAPORのウォルナット(7,776円)ABUSの乗馬調METRONAUT(11,550円)もいいですねー。可愛いです!

長持ちして3年、買ったその日に運悪く落としたら1日も使えない

基本的にヘルメットは消耗品なので最初から3万円もするものを買う必要はありません。お財布に余裕がありロードレーサーになるぜ!って方は別ですけど。どんなに高くて良いものでも簡単に割れるように出来ている製品です。これは事故の際に頭への衝撃を少しでも分散させるためです。持ち歩いている時に胸の高さから落としてしまって割れることもあります。

素材に使われている発砲スチロールは耐用年数が3年とされており公式レースなどではJCFで公認された3年以内のヘルメットでないと参加出来ません。また、1度でも強い衝撃を受けたヘルメットは割れていなくても交換する必要があります。見た目はわからないしお金がかかる事なので躊躇してしまいますが、安全性は確実に落ちていますので早いうちに交換しましょう!

最初は6,000~1万円程度で、少し慣れた人や最初から自転車に乗る気満々の人は1~2万円程度のものを買うのかなぁと。高いものは2~3万円、配色や形状が派手になってきます。有名選手着用や人気チームが使用している限定モデルも値段が高め。でもカッコイイ。ここらへんのモデルを買う方は、既に自転車大好きな方なので説明は不要ですね。

値段の違いは、それなりにあるっぽい

5,000円のものと15,000円の違いは何かというと通気性やヘルメットの構造が複雑などの他に見た目もちょっと違うような・・・
大手メーカーの商品でSG規格やJCF公認モデルであれば、値段に差があっても安全性に差は無いと思いますよ。
本体(インナー)は発泡スチロールで出来ています。外側は薄いプラスチックシート(シェル)で覆われています。安いタイプはこのシェル部分が少なく、後頭部などはインナーの発砲スチロールが見えているものが多いです。(それでも十分いい値段です!)
後頭部の凹凸が細かいのに綺麗にシェルで覆われているものは高いようです。前から見ると似たようなもんですけど。カタログは前から見た写真が多いので、ここは是非、店頭で見比べてみて下さい。

海外メーカーはオシャレでカッコイイものが多いですが外国人の頭をモデルに作成しているので日本人の頭に合わないことも多々あるそうです。ヘルメットはネットでポチる前に、必ずどこかでかぶってみることをお勧めします。頭の形に合っても顔の輪郭に似合わないとか、色々ありますからね。

※下記はメーカーサイト・取り扱い販売店にリンクしています。
商品参考写真はアマゾンまたはAmazonマーケットプレイス・楽天市場のWEBショップにリンクしています。
WEBショップの方が在庫が多く定価よりも安く買えることがありますが、古いモデルの可能性もあります。レース参加を目指している方は公認モデルの他に製造年数も関係してきますので必ず店頭で最新モデルを購入することをオススメします。

 

OGK KABUTO/オージーケーカブト(日本)

カブト チャイルドメットシリーズ / カブト 大人用ヘルメット

日本国内老舗メーカー ママチャリのカゴで有名
手ごろな価格で種類も多いので初心者に優しい。私もここのメーカーのOEM商品を使ってます。女性はレフ付がオススメ!レディースモデルは一回り小さくデザインされているものが多くキノコになりにくいようです。
【主な取扱店】コチラのページに取扱店一覧がのっています。
※価格は公式サイトに記載されていたもの(税抜)です。

SCUDO-L2
スクードL2
5,200円
FIGO
フィーゴ
6,800円
WR-L
サンバイザー付
7,000円
FM-8
8,000円
GAIA-R
ガイア・R
11,500円

REGAS2
リガス2
13,500円
REGAS-2 LADIES
リガス・2レディース
13,500円
STEAIR
ステアー
17,000円
MOSTRO-R
モストロ・R
22,000円
KOOFU WG-1
コーフーWG-1
24,000円

 

PEACH KIDS
ピーチキッズ
4,500円
FR-キッズ
スターホワイト
4,500円

STARRY キッズ
スターリー
4,900円
WR-J キッズ
ダブルアールジェイ
6,000円

BELL/ベル(アメリカ)

BELL キッズ・子供用ヘルメット / BELL 大人向け

アメリカのヘルメット老舗メーカー 種類が多く値段もお手ごろ、スポーツ用は可愛い柄が多い。
1万円以下のカジュアルヘルメットにはフロントバイザーが付のものが多く、形も派手ではなくクロスバイク向き。
子供用は可愛いデザインのものが多く、お気に入りの1つが見つかるのでは?
【主な取扱店】コチラのページに取扱店一覧がのっています。
※価格は公式サイトに記載されていたもの(税抜)です。

DRAFT AF
ドラフト アジアンフィット
6,700円
TRAVERSE AF
トラバース アジアンフィット
7,400円
EVENT
イベント
11,000円

 

OVERDRIVE
オーバードライブ
16,500円
ZEPHYR MIPS
ゼファー ミップス
27,000円
ZOOM2キッズ
ズーム2
3,900円
ZIPPERキッズ
ジッパー
5,900円

 

ABUS/アブス・アバス(ドイツ)

アブス メインは自転車の鍵。ヘルメットは大人用・子供用あり
ドイツの自転車専用鍵メーカー 自転車を守るだけではなくユーザー自身を守るためにヘルメットも作っているそうです。数は少ないけれども値段もデザインもなかなか良い!オプションでレインカバーや耳カバーがあったり、細かなところが良く出来ている。そしてオシャレで可愛い。鍵とそろえて買いたい。
主な取扱店/公式での取扱店発表なし。

2014/8ワイズロード新宿ビギナー館・商品紹介のページ。ワイズロードなら実物が見られそうですね。
※価格は公式サイトに記載されていたもの(税抜)です。

HUBBLEキッズ
ハッブル
8,190円
MOUNTXキッズ
マウントX
8,190円
URBAN-I v.2
アーバン-I v.2
9,030円
Urban-I v.2 Neon
アーバンネオン
9,030円
METRONAUT
メトロナウト
11,550円
CYCLONAUT
サイクロナウト
16,800円

 

MET/メット(イタリア)

MET 大人メイン、子供向けもあり
イタリアのレーシングヘルメット シャープでカッコイイ。色使いもシンプルで値段も高すぎない。男性にオススメ。
20マイルスは「30km(20マイル)圏内のシティーユース向け」に開発されたもので「バイザー取り外し可」「側面にリフレクターの役割を果たすMETロゴ」「後頭部のダイヤルに4つのLEDライト」と普段使いに最適な仕様になっています。通勤通学のクロスバイクに良さそうですね。
【主な取扱店】コチラのページに取扱店一覧がのっています。
※価格は公式サイトに記載されていたもの(税抜)です。

MET-K-ESPRESSO
エスプレッソ
5,980円
CROSSOVER
クロスオーバー
7,500円
20MILES
20マイルス
8,000円
FORTE
フォルテ
9,900円

 

INFERNO Ultralight
インフェルノ ウルトラライト
13,300円
RIVALE HES
リヴァーレHES
16,600円
STRADIVARIUS HES
ストラディバリウスHES
19,980円
SINE THESIS
シンセシス
29,970円

 

LAZER/レーザー(ベルギー)

LAZER 大人メイン、子供向けもあり
ベルギー ヨーロッパを代表するレーシングヘルメットメーカー 価格を抑えて高性能なヘルメットが多い。
ロード向けなどはアジャスターが特殊で頭のサイズが大きい方や通常の物では形が合いにくい人に使いやすいそうです。スペアパーツにエアロシェルやキッズ用の着せ替えシェルがあったりと幅広い。女性に合いそうなカジュアルヘルメット・シチズンはチェック柄がなくなりカーキ・黒と落ち着いた色になってしまいました。残念。
【主な取扱店】コチラのページに取扱店一覧がのっています。

Motion
モーション
5,300円
cyclone
サイクロン
5,800円
CityZen
シチズン
6,300円
Neon
ネオン
6,800円
Vandal
ヴァンダル
8,000円
Blade
ブレイド
12,000円

 

Bob キッズ
ボブ
3,200円
Max+ キッズ
マックスプラス
4,200円
P’Nut キッズ
ピーナッツ
6,000円

 

KASK/カスク(イタリア)

TEAM SKYが使用しているサイクリングヘルメット
ベルガモ郊外で1つ1つ作られる100%イタリアメイド。レーサー向けの高級品です。
構造が特殊で日本人の頭でもフィットしやすいとか?!
主な取扱店/Y’sROAD二子玉川店などスポーツ自転車店でも一部のみ取り扱いのようです。実物見る機会があったらかぶってみたいー。

MOJITO
モヒート
VERTIGO 2.0
ヴァーティゴ 2.0
PROTONE
プロトーン

 

YAKKAY/ヤッカイ(デンマーク)

YAKKAY.COM
デンマークのオシャレヘルメット なんだか映画に出てきそうなオシャレ帽です。
ヘルメットと帽子になるヘルメットカバーがセットになったものでパリシリーズのセットアップが14,904円~ぐらい、帽子のみのヘルメットカバーを後から買い足すこともできます。こちらは7,452円~。高いですが見栄えはかなり良いです。持ってみるとやはりヘルメット、適度な重さがあります。かぶると人によってはキノコっぽくなるかも?でも可愛いので女性にはオススメ。ヘルメットは「SmartOne」から「NewSmartTwo」になりアジャスターが付きました。
【主な取扱店】自転車専門店よりもアウトドア向けのカジュアルショップで見かけることが多いです。※公式サイトで通販可能になりました!

PARIS HERRINGBONE
パリ ヘリンボーン
TOKYO BLACK DENIM
トーキョーブラックデニム
TOKYO NEW JAZZ
トーキョー ニュージャズ

 

CAPOR/カポル(日本)

「帽子のデザイン性とヘルメットの安全性がひとつに」CAPOR
パレード、マーチングなどバンド・ユニフォームを制作している日本パレードと
(公財)東京しごと財団東京シルバー人材センター連合が共同開発した商品。
「自転車を運転するシルバー人材のヘルメット装着率をアップさせたい」という思いから開発されただけあって、
■日本人の頭部の形を考慮した着用しやすい形状 ■自転車先進国ヨーロッパの安全基準CEに準拠 ■交通傷害保険(死亡保険金100万円、一年間有効)が付帯。と、他のヘルメットとはちょっと違った利用者に優しいヘルメットです。電動カートに乗る時にも使えるそうですよ。

帽子とヘルメットのセットで8000円前後、帽子だけの単品購入も可能。シンプルで老若男女問わず使えるデザインもあるので、小径車でポタリング程度の方や、ヤッカイはちょっと高いなと思っている方にオススメ。親御さんへのプレゼントにも使えそうですねー。
【主な取扱店】ヨドバシカメラマルチメディア館 コチラのPDFに取扱店一覧がのっています。
※公式サイトからリンクされている株式会社日本パレードで通販可能です!
※価格は公式サイトに記載されていたもの(税込)です。

Oak
オーク
7,776円
Walnut
ウォルナット
7,776円
Maple
メイプル(B)
8,208円
CAPOR MAPLE
カポル メイプル(DB)
8,208円
Maple
メイプル(BK)
8,208円

 

Birch
バーチ
8,208円
Camelliaカメリア
ドットアイポリー
8,208円
Camelliaカメリア
チェックブラウン
8,208円

 

cusque/カスク(日本)

リンプロジェクト カスクのページ
浅草にある自転車カジュアルブランドrin project-リンプロジェクト
かなり個性的なヘルメット?なので自転車慣れした人向けかも。スーパーサイヤ人タイプよりも目立つような・・・
都心部の渋谷原宿には多そうなイメージです。最近では火野正平さんが愛用されていますね。
通常のヘルメットよりも安全性は落ちますが、折りたためてカバンに入れられるそうです。
主な取扱店/リンプロジェクト