自転車ヘルメットとキノコ頭

hanasawa

自転車ヘルメットといえばキノコ頭。どうしてなってしまうのでしょうか。
帽子と違って自転車ヘルメットには、頭の周りをグルリと衝撃吸収ライナー(発泡スチロール)がついています。
この衝撃吸収ライナーの部分がキノコの傘部分になるので、ヘルメットを着用すれば多少のキノコ頭になるのは物理的に避けられません。では、人によってキノコの傘部分が目立つ人と目立たない人がいるのはなぜでしょうか。その答えは、ヘルメットのサイズと形選びにあるのかもしれません。

自転車ヘルメット

自分の頭のサイズと形を知ろう

自転車ヘルメットにいろいろな形があるように、人の頭の形もいろいろ。
大きく分けても欧米人は楕円形・日本人は円形と形が異なります。(↓カブトさんのサイトを参考に作成しました。)
自転車ヘルメット

海外メーカーは欧米人がモデルなので楕円形が多い

自転車ヘルメット

布の帽子とは違い、自転車ヘルメットは発泡スチロールとプラスチック。伸びたり縮んだり曲がったりしません。いくら頭周りのサイズを合わせても頭の形が合っていなければ装着できないのです。

自転車ヘルメット
では、最初からサイズUPしアジャスターで調整すればいいでしょうか。
気に入ったデザインやメーカーでしたらそれも一つの手段です。しかし、あまりにも頭の形と合っていないものを長時間装着する事は、どこかに痛みが出てきたりバランスが悪ければ疲れが出てきます。安全のためにかぶっているのに余計な痛みや疲れは事故の原因になりかねません。試着の際は「当たっている場所はないか」「アジャスター頼りのサイズ選びになってないか」など細かくチェックしてみましょう。初めてヘルメットを買う、初めて試すメーカーの時はお店で実際に試着をしてみる事が大事です。

アジアンフィット・ジャパンフィット

日本のメーカーといえばOGKカブト。日本人をモデルに作られているのでフィットする人も多いと思います。最近、シマノがKarmorというブランドのヘルメットを出しています。日本仕様というよりはアジア仕様のようですが公式サイト見つからず未確認です。 Y’s Road とシクロワイアードのサイトに商品説明があったので引用しますね。

アジア人向け設計のヘルメット「Karmor」 | Y’s Road 新宿ビギナー館

ヘルメット選びに悩んでいる方へ! 一度このKarmorを試してみてはいかがでしょうか? はasmaです! コチラ! 正面から見るとこんな感じです! 4万人のアジア人にリサーチして設計されたKarmorはまさにアジア人のためのヘルメットです! 前傾時に視界が狭くならないよう、配慮されています。 両サイドにはKarmorの文字が! 後ろはこんな感じです! ダイヤル固定+上下調整ができます! 内側はこんな感じ。 通気性もバツグン! 他カラーもあります! このKarmor asma お値段 ¥10,000+税 です! ワイズロード新宿ビギナー館でお待ちしております!

カーマー Ferox、asma 見た目に優れたアジアンフィットのヘルメット – 新製品情報2016

アジア人が最適なフィットを感じる形状を追求するヘルメットの新ブランド、カーマーが国内展開を開始する。今シーズンよりシマノレーシングの選手たちが使用するFeroxと、エントリーグレードのasmaをインプレッション。実際にカーマーを取り扱うショップからのレコメンドコメントと合わせて紹介しよう。

海外のメーカーでも最近はジャパンフィット・アジアンフィット・ワイドフィットといった、頭の形が丸いタイプのヘルメットを作っているところもあります。以前は扱ってなかったメーカーが出してきたりもするので、新製品が出た時は要チェックです。

GIRO TRINITY WF

大胆なスタイル、優れたベンチレーション、コンパクトなデザインはどんなライディングにも華を添えます。 本来トップモデルに見られるインモールド構造や簡単快適なAcu Dial フィットシステム、街の裏通り、曲がりくねった上り道、シングルトラック等、どこでもライディングOKです。

DRAFT AF/ドラフト アジアンフィット|BELL/ベル サイクルヘルメット ~世界水準の自転車用ヘルメット -ロード レース サイクルスポーツ

大きなベンチレーションを持つ新形状のドラフトは、高度な機能とデザインを圧倒的なコストパフォーマンスで提供する。

ヘルメットを選ぶ時はぜひ、頭の幅も気にしてみてくださいね。
自分の頭にあったヘルメットはきっと格好もいいはずです!

関連記事: